FYI: PacketiX VPN 4.0 RC3 開始部署

2013/05/19
来自邮件, 机器翻译

PacketiX VPN 4.0 RC3 の配布開始について


·PacketiX VPN的4.0 RC3
   http://www.softether.co.jp/jp/vpn3/vpn4beta/


■关于 PacketiX VPN 的 4.0 RC3
PacketiX VPN 4.0 RC3 有望成为候选发布版最后前的最后一步。
我们计划发布 PacketiX VPN 4.0 RC2 的后一个完整版本,
PacketiX VPN 4.0 功能,增加惊人的质量和性能的水平,
现在,我可以发布 RC3。

RC3 可以从以下网址下载。
http://www.softether.co.jp/jp/vpn3/vpn4beta/


■对于时间限制PacketiX VPN的4.0 RC3
4.0 RC3 PacketiX VPN的是,直到 2013年7月31日。
PacketiX VPN 4.0 SoftEther 的公司目前的目标在2013年6月
我们想出货的产品版本。 PacketiX VPN 4.0发布日期
事先同意,因为有可能会受到RC3的质量评估的结果

目前,如果使用了 PacketiX VPN 4.0 RC2 的,
RC2 的有效期限,是2013年5月31日
要求尽快接收更新至 PacketiX VPN 4.0 RC3 。
(事实上​​,你可能会在2013年6月1日或之后的工作RC2
 但是,尽快更​​新至RC3。 )


■RC2 - > RC3变化
RC2 - 变化,RC3如下。

- 每次你想添加或删除TCP监听,毫无意义的继承,
  我解决了这个问题,其中一个问题很少发生。
- 我提高IPv6的DNS解析器的性能。
- 故障被发现在HTTP头中分析功能在数据包日志
  固定。
- 即使在UDP数据包,数据包日志功能通过VPN
  建立连接的数据包,如果包和OpenVPN(IKE的IPsec)
  我添加了能够登录。
- 当通信SoftEther的VPN协议,使用UDP速度模式
  我们改进了稳定性,能够把。
- 的“Deny_empty_password”国旗在虚拟HUB管理选项设置
  这已得到修复,已经忽略了这个,即使是。
- 因特网连接是有效的还是在内核模式的NAT功能的SecureNAT
  问题检查轮询包发送间隔太短不必要
  我解决。
- 我修正了一个问题,不能启动DNS功能在Windows版本上的VPN。
- 修正了一个动态DNS服务器的通信太短
  了。
- 错误信息,当用户认证失败L2TP/SSTP/OpenVPN
  它纠正了错误,当它被写入到日志文件中。
- 此刻完全一样的,当你做出改变的X.509服务器证书的VPN服务器
  造成程序崩溃的问题,在罕见的情况下,SSL-VPN连接时,即将成立
  解决了。
- 缓冲区安全检查中为Windows EXE文件
  要加强,在未来的一个缓冲区溢出脆弱,如发现VPN服务器事件
  未经授权的访问发生,即使在利用该漏洞的情况下,它是
  我是明显降低的可能性。
- 如果您使用上的IPsec EtherIP的L2TPv3报
  它很少崩溃,当您尝试关闭VPN服务器进程
  不过,我已经解决了,发生的问题。
- 在vpncmd和VPN服务器管理器,虚拟HUB列表中,
  名单上的用户统计和数据列表(传输的数据量
  包数量)来显示。
- 在vpncmd和VPN服务器管理器,用户列表
  要显示在列表中的每个用户的保质期。
- 修改拼写正确,麻烦其他未成年人,并提高系统的稳定性
  了。



■关于这封电子邮件
这个E-mail,E-mail地址在SoftEther.com网站,如以往
对于已注册的客户,并根据隐私政策
是我允许发送。
公告电子邮件,我们想这是一个一年几次最,
谁不希望交付的客户,
http://www.softether.co.jp/jp/special/stopmail/
你可以要求更改为更多的拒绝设定。

--------------------
SoftEther的
筑波Amakubo 2-9-2里士满大厦1F
http://www.softether.co.jp/jp/
※你不能回复这个E-mail地址。
从https://www.softether.co.jp/jp/contact/联系我们
我需要你的帮助。

原文

いつもソフトイーサ株式会社のソフトウェアまたはオンラインサービスを
ご利用いただき、ありがとうございます。
PacketiX VPN 4.0 RC3 の配布を開始いたしましたのでご案内申し上げます。

・ PacketiX VPN 4.0 RC3
   http://www.softether.co.jp/jp/vpn3/vpn4beta/


■ PacketiX VPN 4.0 RC3 について
PacketiX VPN 4.0 RC3 は、現在開発の最終工程にある PacketiX VPN 4.0 製品の出荷前の最終のリリース候補 (Release Candidate) となる予定です。
もともとは PacketiX VPN 4.0 RC2 の後に製品版を発売する予定でしたが、
PacketiX VPN 4.0 の機能、性能および品質を驚異的なレベルに高めるため、
RC3 をリリースさせていただくことになりました。

RC3 は以下の URL からダウンロードいただけます。
http://www.softether.co.jp/jp/vpn3/vpn4beta/


■ PacketiX VPN 4.0 RC3 の期限について
PacketiX VPN 4.0 RC3 は 2013 年 7 月 31 日までご利用いただけます。
ソフトイーサ社では現在の目標として 2013 年 6 月中に PacketiX VPN 4.0
の製品版を出荷したいと考えております。リリース日は PacketiX VPN 4.0
RC3 の品質の評価結果により左右される場合がございますので予めご了
ください。

現在、PacketiX VPN 4.0 RC2 をお使いいただいている場合は、
RC2 の有効期限は正式には 2013 年 5 月 31 日 となっておりますので
お早めに PacketiX VPN 4.0 RC3 にアップデートいただきますようお願い
申し上げます。
(実際には、RC2 は 2013 年 6 月 1 日以降も動作する場合があります
 が、お早めに RC3 へのアップデートをお願い申し上げます。)


■ RC2 -> RC3 の変更点
RC2 -> RC3 の変更点は以下のとおりです。

- 連続して無意味に TCP リスナーを追加・削除する操作を繰り返すと、
  ごく稀に不具合が発生する場合がある問題を解決しました。
- IPv6 DNS リゾルバのパフォーマンスを向上しました。
- パケットログにおける HTTP ヘッダ解析機能に不具合が発見されましたので
  修正しました。
- VPN 中を流れるパケットログ機能において UDP パケットであっても
  IKE (IPsec) および OpenVPN の接続確立パケットであれば当該パケットを
  ログに記録する機能を追加しました。
- SoftEther VPN プロトコルが UDP 高速化モードを使用して通信する場合に
  おける安定性を向上しました。
- 仮想 HUB 管理オプションにおける "deny_empty_password" フラグが設定
  されていてもこれが無視されていた問題を修正しました。
- SecureNAT のカーネルモード NAT 機能でインターネット接続が有効かどうか
  を検査するためのポーリング・パケットの送出間隔が不必要に短すぎる問題
  を解決しました。
- Windows 版で VPN over DNS 機能が起動できない問題を修正しました。
- Dynamic DNS サーバーとの通信のタイムアウトが短すぎる問題を修正
  しました。
- L2TP/SSTP/OpenVPN ユーザー認証に失敗した場合のエラーメッセージが
  ログファイルに書かれる際の誤りを修正しました。
- VPN Server の X.509 サーバー証明書の変更を行う際と全く同一の瞬間に
  SSL-VPN 接続が確立されようとした場合に稀にクラッシュが発生する問題を
  解消しました。
- Windows 版 EXE ファイルにおけるバッファ・セキュリティ・チェックを
  強化し、万一 VPN Server にバッファオーバーラン等の脆弱性が将来発見
  された場合においても当該脆弱性を悪用されて不正アクセスが発生する
  可能性を大幅に低下させました。
- L2TPv3 または EtherIP を IPsec 上で使用している場合において
  VPN Server プロセスをシャットダウンしようとする際に稀にクラッシュ
  が発生する問題を解決しました。
- VPN サーバー管理マネージャおよび vpncmd 上において、仮想 HUB の一覧、
  およびユーザーの一覧のリスト上に統計データ (転送データ量および
  パケット数) が表示されるようにしました。
- VPN サーバー管理マネージャおよび vpncmd 上において、ユーザーの一覧の
  リスト上に各ユーザーの有効期限が表示されるようにしました。
- その他のマイナーな不具合および誤字・脱字を修正し、安定性を向上しま
  した。



■ このメールについて
このメールは、これまで SoftEther.com Web サイト等においてメールアドレス
を登録されたお客様に対して、プライバシーポリシーに基づき
お送りさせていただいたものです。
このような弊社からのお知らせメールは多くても年に数回程度ですが、
配信を希望されないお客様は、
http://www.softether.co.jp/jp/special/stopmail/
より拒否設定に変更いただくことが可能です。

--------------------
ソフトイーサ株式会社
つくば市天久保 2-9-2 リッチモンドビル 1F
http://www.softether.co.jp/jp/
※ このメールアドレスへは返信できません。
お問い合わせは https://www.softether.co.jp/jp/contact/ から
お願いいたします。

Related Posts